3/01/2016

Premium Chelsea ChocoCro From St. Marc Cafe
サンマルクカフェのプレミアムチェルシーチョコクロ

(Japanese follows. / 日本語は以下へ続く。)

A friend of mine let me know that St. Marc Cafe, a cafe chain, has launched a new limited time croissant called "Premium Chelsea ChocoCro" on February 3, 2016.
ChocoCro is an abbreviation of Chocolate Croissant, and I personally think that St. Marc is more famous and known for the ChocoCro than coffee.
Chelsea is a candy produced by Meiji, and it's a long-selling item since the first laugh in 1971.
2 years before the release, the team thought of the new type of candies and decided to recreate a traditional Scottish candy called scotch candy.

Many think that the name is from Scottish, but it comes from a process "scorching," to boil on high heat.

The poster and the paper sleep on each ChocoCro had the same design as the actual Premium Chelsea candy.

Actual Premium Chelsea candy packages.

From the side.
The filling wrapped in the croissant was definitely burnt, but as it's one of the "looking-edible," I put this piece on the tray with a tong.

ChocoCro wasn't that big.

The croissant was so flaky that when I pulled it out from the sleep, some pieces came off.
And the bottom side of the filling was Chelsea candy color (=brown).

I ate the burnt side first, but it didn't have charred bitterness fortunately.
The croissant was light and crispy on the top, and the inside was airy and slightly moist and soft.

The filling tasted like slightly bitter caramel and the aftertaste was quite sweet like condensed milk with stickiness.
Apparently, they kneaded crushed Premium Chelsea into chocolate.
I thought of buying a box of 5 ChocoCro as it's a better deal, but one piece was satisfying with the rich sweetness, and I'm glad we didn't get a box.

Premium Chelsea ChocoCro: 190 JPY (before tax)

A list of croissants I've had is below.
Fous Desserts
Cachitos
Au Pain Dore
Pillsbury Crescent (pre-made dough)
McCafe
Mr. Holmes Bakehouse
DONQ


サンマルクカフェで新期間限定商品「プレミアムチェルシーチョコクロ」が2016年2月3日
から発売されていると友達から聞いた。
チョコクロはチョコレートクロワッサンを省略したもので、個人的にサンマルクカフェは
コーヒーよりもこのチョコクロが有名な気がする。

チェルシーは明治が1971年から販売しているロングセラー商品で、発売の2年前から企画
チームが新しいタイプのキャンディーを探していたところ、その中でスコットランドに
伝わるスカッチキャンディーにたどり着いた。
名前はスコットランドに由来すると思う人もいるけれど、これは高温で煮詰めるという
意味の「スコーチング(scorching)」から来ているとのことだった。

ポスターも各チョコクロの紙スリーブも、実際のプレミアムチェルシーキャンディーの
袋と同じデザインだった。

クロワッサンに包まれたフィリングはどう見ても焦げていたけれど、陳列されていた
商品の中で「1番食べられそう」だったので、トングで取ってトレーに移した。
チョコクロはあまり大きくはなく、反対側のフィリングはシェルシーキャンディーと同じ
茶色のままだった。
クロワッサンはとてもサクサクしていて、スリーブから出す時にポロポロと剥がれた。

最初に焦げた方を食べたところ、炭化したような苦味はなくて良かった。
クロワッサンの上部は軽くサクッとし、内側はふんわりとして少ししっとりし、柔らか
かった。
フィリングは少し苦いキャラメルのような味で、後味は練乳のようにかなり甘くベタッと
していた。
どうやらチョコレートに砕いたプレミアムチェルシーを練りこんであるらしい。

最初はお得な5個セットを買おうと思ったけれど、1個食べたら充分な甘さだったので、
単品で買って良かった。

プレミアムチェルシーチョコクロ: 190円(税抜)

これまでに食べたクロワッサンは以下。
Fous Desserts
Cachitos
Au Pain Dore
Pillsbury Crescent (プリメイドの生地)
マックカフェ
ミスター ホルムズ ベイクハウス

Tagged: , , , , , , , , , , ,

0 comments :

コメントを投稿