12/04/2016

Cacio E Pepe
カチョ エ ペペ

(Japanese follows. / 日本語は以下へ続く。)

We saw some restaurants serving pasta tossed in a cheese wheel at the table, and one of them was in East Village called "Cacio e Pepe."
My husband made a reservation for dinner and we went to try the interesting dish.

On a rainy Wednesday, we arrived at the restaurant at 7:30 PM, and about 70% of the tables was occupied.

Menu
There're maybe 3 staffs in the hall but it's hard to get attention to order so we sat and waited for maybe 10 minutes after closing the menu.
We ordred Tonnarelli Cacio e Pepe, which is what we came for, mixed salad and risotto.

Soon they brought a basket of bread and dipping oil.

It tasted like olive oil mixed with sun dried tomatoes and garlic.

The bread had thick and hard crust and soft inner, and it's served cold.

Unlike the long wait to order, the dishes were brought fast.
Mixed Salad (fruit, gorgonzola, caramelized walnuts, cocoa nibs)
Insalata mista, frutta, gorgonzola, noci caramellate, e grue di cacao

We got it without gorgonzola, and the salad was topped with balsamic vinegar dressing.
The fruits were apples, mango and there're some pieces that tasted close to pears, besides halved grapes.
The dressing and fruits were sweet and sour, and caramelized walnuts and cacao nib were crunchy and fragrant.

Tonnarelli cacio e pepe
Homemade tonnarelli pasta, tossed in pecorino cheese & whole black pepper corns
Only this dish in the pasta menus is tossed in a cheese wheel.

The restaurant was dusky and the staff didn't really care about how it would look from the customers so that the whole process was backlit.
Also, he started tossing without any notice, hence it's hard to capture the whole process unlike Raclette who let me get ready to take a video.

Brightened video.
video

After serving the pasta on the plate, the staff scraped the melted pecorino and poured over the pasta.

Tonnarelli is a square shaped long pasta, and it's chewy and firm like Udon noodles.
Heavily black peppered melted pecorino cheese was very rich and creamy, and the velvety texture and dense flavor was well-balanced with the unique pasta.
However, overall it's very salty and it made me thirsty despite the small portion, like a female fist size.
If you're taking a video, I highly recommend you turn on the camera when they bring the cheese wheel.
And the tables by the mirrored wall should give you better lighting by avoiding possible backlight if you can choose a table.

Risotto al tortufo, uva bianca, caviale di salmone e polvere di liquirizia
Risotto with black truffles, white grapes, salmon roe & licorice powder

It's my first time to have a risotto with grapes.

The black powder was licorice, but it didn't notice any herb or roasted scent because black truffles were much stronger.
The rice was cooked al dente, lightly firm in the center, and each rice was coated with cheese.
Salmon roes were popping and salty, and to my surprise, sweet and fruity grapes somehow went well with the cheese and salmon roe risotto.

There're many slices of truffles.
Cheese was salty and so was salmon, and we're full from the rich and cheesy dishes and salt, then there's no room for dessert.

Dessert menu
From my experience, the menu prices looked good yet the portion was small, and at the end, I thought it's pricey for the amount and the flavor, which was mainly saltiness.

Mixed Salad: 10 dollars
Tonnarelli Cacio e Pepe: 19 dollars
Risotto: 22 dollars
* All before tax.

Cacio E Pepe / カチョ エ ペペ
182 2nd Avenue, New York, NY 10003
(Between 12th & 11th Street)

Open
Mon - Thu: 5 PM ~ 11 PM
Fri & Sat: 5 PM ~ 0 AM
Sun: 5 PM ~ 10:30 PM


席でパスタをチーズホイール(チーズ樽丸ごと)の中で混ぜてから出すお店がいくつか
あり、その中の1つがイーストビレッジにある「カチョ エ ペペ」というお店。
旦那が予約をしてくれたので、夕食にこの興味深い料理を食べに行った。

雨の降る水曜日の19時半にお店に行くと店内の7割の席が埋まっていた。

メニュー
ホールにはスタッフが3名ほどいたと思うけれど、注文をしたいのになかなか注意を引く
ことができず、メニューを閉じてから10分近く待っていた。
今回の目的であったトンナレッリ カチョ エ ペペに加えて、ミックスサラダ、リゾットを
注文した。

すぐにカゴに入ったパンとオイルが出された。

オリーブオイルにサンドライ トマトやニンニクを足したような味だった。

パンの耳は厚く硬めで内側は柔らかく、冷たい状態で出された。

注文に時間がかかったのとは対照的に、料理は素早く出された。
ミックスサラダ
(フルーツ、ゴルゴンゾーラ、キャラメライズ ウォルナッツ、カカオニブ)

ゴルゴンゾーラ抜きで注文したこのサラダはバルサミコ酢のドレッシングがかかって
いて、フルーツはリンゴとマンゴーで、洋梨に似た味のものもあり、さらに半分にカット
したブドウが入っていた。
甘酸っぱいドレッシングと果物、キャラメライズされたクルミとカカオニブがカリッと
した食感と香ばしさを足していた。

トンナレッリ カチョ エ ペペ
自家製トンナレッリ パスタ、ペコリノチーズとホール ブラックペッパーコーン
パスタの中でこの料理のみがチーズホイールを使用している。

レストランは薄暗く、スタッフもお客さんからの見え方を考えずに立っていたので、
全行程が逆光になっていた。
また、ラクレットはビデオを撮る準備をさせてくれたけれど、このお店は突然パスタを
混ぜ出したので写真やビデオに収めるのが困難だった。

明るくした動画。
video

パスタをお皿に乗せた後、溶けたペコリノチーズを上からかけていた。

トンナレッリは四角いロングパスタで、もっちりした歯ごたえがうどんのようだった。
黒胡椒がかなり効いたペコリノチーズは濃厚でクリーミーで、ねっとりした質感と濃い
味でユニークなパスタとバランスが取れていた。
ただ、全体底にかなり塩っぱく、少量(女性の拳程度)のパスタにもかかわらず喉が
渇いた。
ビデオを撮るなら、チーズホイールが出された時点でカメラを起動するのがお勧め。
また、逆光にならない席(鏡がかかった壁側)だと明るく綺麗に撮影できると思う。

リゾット
黒トリュフ、ホワイトグレープ、いくら、リコリスパウダー

リゾットにブドウが入っているのは初めて。

黒い粉はリコリスパウダー(甘草パウダー)だったけれど、黒トリュフの香りが強かった
のでハーブの香りや香ばしさは全然分からなかった。
お米は少し芯の残るアルデンテに調理され、1粒1粒がチーズに包まれていた。
イクラはプチっとして塩気があり、意外なほど甘くてフルーティーなブドウとチーズ、
イクラのリゾットが良く合っていた。

トリュフのスライスがたっぷりと入っていた。
チーズもイクラも塩っぱく、濃厚なチーズと塩気でお腹がいっぱいでデザートは食べられ
なかった。

デザートメニュー
メニューを見た時は値段がそれほど高くないと思ったけれど、お皿にちょこんと盛られて
いたので、量や味(主な味=塩辛さ)に対して割高な印象。

ミックスサラダ: 10ドル
トンナレッリ カチョ エ ペペ: 19ドル
リゾット: 22ドル
* 全て税抜

Tagged: , , , , , , , , , , , , , , , ,

0 comments :

コメントを投稿